以前勤めていた会社でのことなんですが、2年間の出張を命じられそれがきっかけになり借金してしまった体験談です。

当時は、実家暮らしでしたので収入的にもそこそこで自分でしっかりとやり繰りしてたんですが、急な出張が決まり、貯めていた貯金もいっきになくなってしまうほどの出費となりました。

出張を断ることもできず、仕方なく思っていたのですが引っ越しや賃貸で借りたり、家具や必要なものをそろえるとなるととてもじゃないけど貯金では間に合わなく親に借りました。

 40歳にもなり、まさかこんなにお金に苦労するとは思いもしていませんでした。

それというのも離婚が原因です。夫婦間に喧嘩が絶えなくなり子供たちにも悪影響を与えると判断した私は離婚を決意。

離婚について両親は悲観していたので、これ以上は悲しませないと強く思っていました。 

これまでの生活は至って普通の人生を歩んできました。

会社員として普通に働き、普通にお金を使ってきました。しかし、他の人と決定的に違う所がある事に気付きました。

それは、貯金を全くしてなかった事です。実家暮らしという事もあって日常の生活費をほぼ払わずに日々過ごしていたので、気楽に生きていました。

10年以上つきあっていた彼女と別れて、うつ病になり、1人でいる寂しさをまぎらわせるために、約2年間貯めていたお金や給料を友達との付き合いまたはキャバクラなどに費やし、気付いた時にはほぼ貯蓄が無い状況でした。

何とか、うつ病から立ち直り普段の生活に戻ったのですが、それから少しづつは貯金をする意識はあったが、心の中では「まあ1人だし」と結局自分に甘く、貯蓄が出来てなかったのです。

二人の目の子供が生まれた際、以前住んでいた賃貸住宅が手狭になってきており引越を検討していました。

その数年前に妻の父親が独立、起業し、引越を検討していた頃は仕事が軌道に乗り始めた頃でした。

妻両親より提案を頂き、頭金を幾分貸すので、マンションを購入してみてはとの有り難い言葉を頂き、数ヶ月かけて40件程を見学し、あるマンションを購入しました。

私はIT企業に転職したく地元でも求人はあるものの少ないので採用されやすく仕事に困らない為には自宅から離れて上京する事を決意しました。

新卒の人も就職をするのに上京をしてるだけに私でもいけると思いました。

私は仕事の給料が少なく自分で使っていたので貯金もありませんでした。採用試験は地元で受け勤務先は東京と言う会社があり規模的にも多いのでたまたま魅力を感じ受けて無事に採用されました。

まだ若かりし20代の頃、免許取りたてでもらった車は、タダで乗り潰すような古い車でした。

マニュアル車だったので、練習にはちょうどよかったのを思い出します。

でも、シートのレザーが破れていて、中のスポンジが見えていて、それをシートカバーで隠したりしていました。そうこうしているうちに、故障してしまい、修理するなら10万以上かかるのでやめたほうがいいと、自動車の修理屋さんから言われてしまいました。

自分はパチスロがすごく好きで、よく生活費ギリギリまで打つこともあります。

最近は安定した軍資金が無く、ゲーセンの馬のゲームにはまっているので、その馬のゲームの軍資金目当てにジャグラーと言う台を打つことがあります。

最近自分のブーム+検証なんですが、地元の2店舗あるパチンコ屋のジャグラーを1日1000円だけ打つという事です。ジャグラーなら1000円で光る事も有りますし、ダメなときは最高37000円ノーボーナスでした。

もう10年以上前の話になりますが私は車の免許を取る時に父からお金を借りて教習所へ通いました。

当時の私は高校を出てから就職をせずアルバイトをしておりお金が全くない状態だったのですが、父から本気で将来の事を考えるように言われ、男が就職するのであれば車の免許は必要不可欠という事で教習所へと通う事になりました。

費用は30万円弱という当時の私にしてみれば触った事もないような大きなお金だったのですが、父から「これはあげるんじゃなくて貸すんだからな!」と真顔で言われたのを今でもよく覚えています。

半年ほど前に一人暮らしを始めることになり、新しく家を借りることになりましたが、私は貯金をするのがへたくそで、頭金のようなものを自分のお金からのみで払うと後の生活に困ってしまいます。

なので、親からお金を借りることにしました。消費者金融などに借りることも考えましたが、もし返すのが長引いたらとか考えるとなかなかに怖いので、やめておきました。

親から借りて、今は正解だと思っています。なぜなら、返済期間などというものがないので、気軽に少しずつ返していくことができます。

親からお金を借りるのを一番ありがたく感じるのが、消費者金融などではどこからもお金をかりられなかった時だと思います。

特に多重債務や債務超過で借金が返せなくなって自己破産すると、もう10年間はブラックリストで普通のところからはお金を借りることができなくなります。

そんなどこからも借りれない状態でお金に困った時、お金を貸してくれる親の存在は本当にありがたいです。経済的に立ち直ったら絶対親孝行しなくてはいけません。

しかしインターネットで検索してみると、自己破産でも借りれる消費者金融というのも実はあるのですね!ビックリしました。

あまりお世話になることもないかと思いますが、本当に困ったらそういうところでお金を借りるしかないのでしょう。