もう10年以上前の話になりますが私は車の免許を取る時に父からお金を借りて教習所へ通いました。

当時の私は高校を出てから就職をせずアルバイトをしておりお金が全くない状態だったのですが、父から本気で将来の事を考えるように言われ、男が就職するのであれば車の免許は必要不可欠という事で教習所へと通う事になりました。

費用は30万円弱という当時の私にしてみれば触った事もないような大きなお金だったのですが、父から「これはあげるんじゃなくて貸すんだからな!」と真顔で言われたのを今でもよく覚えています。

アルバイトだった為に自分の時間を有効に使う事も出来、教習所も二ヶ月ほどで卒業し試験も一発合格。

その後真剣に就職先を探して今の仕事に就きました。営業職という事もあって車の運転を活かす仕事をする事が出来て本当に良かったと思うとともに父にはとても感謝しています。

それから毎月2万円を給料から父に返済をし一年半ほどで返す事が出来ましたが、父から返済に充てた30万円ほどのお金を「自分の車の頭金にでもしろ」と渡されました。

お金を借りてそれを返す事の大変さを分かって欲しかったのだろうと、その後結婚して子供が出来た時に感じました。

私の子供にも同じようにして大切な事を伝えていきたいと思います。