大学入学の際に両親にお金を借りました。

うちの両親は高校までのお金は出してくれましたが、大学以降は自力で何とかしろといった考えでしたので、土下座してお金を借りました。

身内のよしみで無利子にしてもらったのですが、学費等はさすがに自分で払っておかないと返済が厳しいのでアルバイトを入れています。

両親に借りたお金は生活のために基本的に利用しています。

場所柄一人暮らしをすることになったので、アパートはできるだけ安いところを探しました。食費もできるだけきりつめ、ちょっとしたサバイバルの気分です。たぶん、これほど苦労している学生も少ないのではないかと思います。

絶対に大学で返済不要の奨学金を受け取ろうと思いました。早く金を稼ぐ能力を身に着けて両親から自立しようと思いました。もちろん、恩はきっちり返すつもりです。

なんだかんだ言って、無利子で返済の当てのないお金を貸してくれるあたり親というものは偉大だと感じました。