40歳にもなり、まさかこんなにお金に苦労するとは思いもしていませんでした。

それというのも離婚が原因です。夫婦間に喧嘩が絶えなくなり子供たちにも悪影響を与えると判断した私は離婚を決意。

離婚について両親は悲観していたので、これ以上は悲しませないと強く思っていました。 

しかし、働けるうちは良かったのですが一度病気になり働けなくなってしまうとこれはどうしようもありません。

働かなくても家賃や光熱費、国民年金にNHKの受信料、さまざまな所でお金が引き落とされていきます。飲まず食わずでも月に何十万も引き落とされてはあっという間に貯金も底をつきてしまいました。 

何度もどこかからお金を借りようか、でも変な金融会社から借りると後が怖いし、信用のある銀行から借りようと思っても、収入の無い私にお金を貸してくれる所なんてどこにもありません。

実際に借りれたとしても、月々の返済はまず無理です。友達にも借りれません。最後の手段として、親に現在の状況を話しました。 

本当日これ以上年老いた両親には迷惑も心配もかけたくなかったのです。しかし本当に追い詰められてしまった私は両親を頼るしかありませんでした。

取り合えす、仕送りをしてもらい、何とか質素に生活していますが、お金を返せる見込みもまだ無くて、落ち込んでいます。