私はIT企業に転職したく地元でも求人はあるものの少ないので採用されやすく仕事に困らない為には自宅から離れて上京する事を決意しました。

新卒の人も就職をするのに上京をしてるだけに私でもいけると思いました。

私は仕事の給料が少なく自分で使っていたので貯金もありませんでした。採用試験は地元で受け勤務先は東京と言う会社があり規模的にも多いのでたまたま魅力を感じ受けて無事に採用されました。

転職が決まり給料も多くなるのでかなり安心感はあったのですが、貯金がないので初期費用がかなりかかりました。

地元から東京に行くまでの新幹線や荷物を運ぶ運送費とまず社宅がないので自分でアパートを探して契約しなければいけませんでした。東京の近くともなればアパートでも家賃も5万円以上と高く敷金礼金と合わせて15万円が必要でした。

光熱費やインターネットの導入費用も加えると生活費なしでも20万は必要です。給料がまともにもらえるには3ヶ月もある研修期間が終ってからと言う契約だったので、まともに自分で生活ができる稼ぎになるには最低でも3か月分の生活費用と初期費用は誰かから借りないと行けませんでした。

私には貯金がありません、お金を借りれる人と言えば親しかいませんでした。

母親は上京する事には前から反対し失敗したらかなり損害が出ると懸念していただけに今回押し切って決めた転職の費用を借りるのは少し抵抗がありました。

でも消費者金融やヤミ金しか今の私の身分では借りられなので、きつい取立てに合うのは絶対に嫌でした。

母親もその事は知っていたので転職が決まり私が行きたいと決意した時に100万円なら貸してあげると言ってくれました。

100万円があれば3ヶ月の生活費が60万で残り40万が初期費用と考えても十分足りる計算でした。私も研修後の給料が手取り30万円くらいになる時もあるのは知っていたので頑張れば1年半くらいで返せると思い母親にありがとうと何度も言って少し辛い想いはありましたが借りました。

お金を借りた後はなぜかお金の心配が頭から消えてしまい、後は頑張って新天地で仕事をしようと意気ごむ心に変わりました。

貸してくれた母親には本当に感謝です。